• Avocat Japonais à Tokyo

2020年11月に受験したDALFC2は7点足りず不合格に…

聴解及び口頭表現は、15分間の録音が全く聴き取れず30分沈黙、という最悪の事態は避けられたのはまず良かった。ただ、聴取できた内容はまだまだ不十分だと感じた。

そして何といっても読解及び文書作成。最低700単語の論述をしないといけないのに、答案用紙4枚目の最終行まで書いたのに540単語程度しか書けていなかった。…まずは小さい文字を書く練習が必要とは。

DALFは試験として非常によくできている。というのも、DALFに合格するための工夫とか訓練がフランス語の運用能力向上に直結するからだ。

とりあえず、今年はC1を確保したので、難民案件等実践を積みつつ、半年後、というか合格を果たすまでは連続で出願しつづけよう。

うん、C2とはいえ、今回の手ごたえからすると、100点中50点をとれないようでは駄目だ。まだまだプロレベルでフランス語を使うにあたっては欠損が多い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください