• Avocat Japonais à Tokyo

Article 515-9

Lorsque les violences exercées au sein du couple, y compris lorsqu’il n’y a pas de cohabitation, ou par un ancien conjoint, un ancien partenaire lié par un pacte civil de solidarité ou un ancien concubin, y compris lorsqu’il n’y a jamais eu de cohabitation, mettent en danger la personne qui en est victime, un ou plusieurs enfants, le juge aux affaires familiales peut délivrer en urgence à cette dernière une ordonnance de protection.

交際中の者同士の間で(同棲を伴わない場合を含む。)又は元配偶者、パートナー契約(PACS)に基づく元パートナー、元の内縁(いずれも同棲した事実が一切存在しない場合を含む。)による暴力が、被害者自身、1人又は複数の子を危険にさらすときは、家事事件裁判官は、緊急の措置として、被害者らに対する保護命令を発することができる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください